エンゲージリングを贈る意味とは?正しい着け方や選び方のポイントを紹介

当サイトはエンゲージリングを贈る意味とは何かに関して解説しています。
さらに正しい着け方や選び方のポイントまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
婚約指輪の購入先はどこがおすすめなのか、ネット通販はありなのかというテーマでも情報を掲載しているのできっと選ぶ際の役に立つはずです。
それからリングで使われている素材についても触れているので、素材からこだわって指輪を選びたい人にも参考になるはずです。

エンゲージリングを贈る意味とは?正しい着け方や選び方のポイントを紹介

婚約をすることになったためエンゲージリングについて詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。
エンゲージリングは婚約の記念品として、男性から女性に贈る指輪のことで、婚約指輪とも呼ばれているリングです。
贈られた女性は左手の薬指に付けるのが基本といわれています。
エンゲージリングの選び方には好みや予算などがあります。
一般的にプラチナやゴールド素材のものが多く、ダイヤモンドが使われているものが人気です。

エンゲージリングとは?なぜ指輪を贈るのか?

エンゲージリングとは婚約指輪の事。
これは和製英語でエンゲージメントリングと欧米では呼ばれ、この「エンゲージメント」とは「約束、契約」を意味します。
婚約の証として男性から女性に贈られるリングで、一般的な定義では婚約期間中につけるものです。
そもそも何故エンゲージリングを贈るのでしょうか。
婚約は入籍と違い法的なルールがありませんので本人同士の口約束という事になります。
その為婚約の証やこれからの夫婦関係のシンボルとして結婚指輪より高価なエンゲージリングを贈る風習ができました。
ではエンゲージリングとはいつの時代から始まったのでしょう。
エンゲージリングの由来は紀元前1世紀の古代ローマ時代まで遡ります。
当時はダイヤモンドなどの宝石はありませんでしたので鉄で作った輪を贈って儀式を行っていました。
「力の象徴」とされる鉄の輪を贈ることによって相手との結婚の約束を契約としより強いものとしたようです。
日本では戦後1950年代後半頃からエンゲージリングを贈る習慣ができ、ダイヤの輸入解禁や西洋文化の影響などでダイヤのついたエンゲージリングが定着しました。

エンゲージリングとマリッジリングの違い

エンゲージリングとマリッジリングは似ている印象があるため、どのような違いがあるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
エンゲージリングは婚約指輪とも呼ばれているもので、婚約の記念として男性が女性に贈るのが習わしです。
永遠の象徴といえるダイヤモンドがあしらわれているのが人気があります。
デザインには様々なものがありますが、1粒のダイヤが中央にあしらわれたプラチナ製のシンプルなものは定番です。
それ以外にも華やかなものや可愛らしいものなどデザインはいろいろあります。
一方、マリッジリングは結婚指輪とも呼ばれるリングです。
結婚式では新郎新婦が指輪の交換をしますが、このときに交換するのが結婚指輪です。
交換後はそれぞれ毎日のように身につける人も少なくありません。
日常的に使用するのでシンプルなデザインのものが人気があります。
結婚指輪にもダイヤモンドが使われているものもありますが、金属のみで出来ているものも多いです。

左手薬指にはめるのがエンゲージリングの正しい着け方

婚約者の彼から贈られた特別なエンゲージリング、正しく身に着けて婚約期間を過ごしたいですね。
一般的にエンゲージリングの着け方としては左手の薬指にはめるものとされていますが、なぜなのでしょうか。
代表的な3つの理由を紹介します。
1つ目の理由は、「左手の薬指は血管が心臓とまっすぐつながる特別な指」という古代エジプトや古代ギリシャの言い伝えがもとになっているものです。
古代エジプトや古代ギリシャでは左手の薬指の血管がまっすぐ心臓につながっている特別なものと考えられていて、心とつながる左手薬指に指輪を着けることで相手の心をつなぎとめるという意味があったそうです。
2つ目の理由は左手の薬指には愛を深めるという意味があるためです。
たとえば左手の小指にはチャンスを引き寄せ願いを叶えるなど、両手の10本の指にはそれぞれ違う意味を持っていて、その指に指輪をすることでそのパワーを得られるという考え方です。
左手の薬指には愛を深めるという意味があるのでエンゲージリングは左手の薬指に着けるという考え方です。
最後は実用的な面ですが、左手の薬指はほかの指に比べて使用する頻度が低いので、ダイヤモンドなどの石がついていても邪魔になりにくいという理由です。
そもそも薬指という名前は、薬を塗るときに使う指だからそのように呼ばれるようになりました。
つまり、日常生活で使用頻度が少ないので清潔なことが多いからなのだそうです。

エンゲージリングは購入後でもサイズ直しは可能?

エンゲージリングを購入する際、男性だけで選んでプロポーズの際に渡すという流れは昔からあります。
もちろん今でもそういった流れで渡している方はいますが、サイズが合わなかったりデザインの好みが合わず女性からは意外と不評です。
シンプルなデザインのエンゲージリングであればサイズ直しは基本的に出来ますが、つなぎ目がつくれないようなエタニティータイプなどはそれが不可能になりますので要注意です。
それを考えますと、プロポーズにはイミテーションのリングを贈り、一緒に選ぶという方が合理的ですしメリットは多いです。
サイズ直しは出来ますので、デザインの好みに自信があれば男性が選ぶというのも一つの手段ではありますが、最終的に満足してもらうことや長く使ってもらう事を考えるのであれば一緒に選ぶ事をお勧めします。
因みに何度もサイズを直すということはできませんし、出来たとしてもプラスマイナス1号程度というところが多いので注意が必要です。

エンゲージリングを渡す理由は人それぞれです

プロポーズを受ける時に一緒にエンゲージリングを渡してもらったという女性は少なくありません。なぜ、プロポーズとセットで渡されるのか疑問に思ったことはありませんか。エンゲージリングは、結婚の意思がありそれを約束するといった意味があります。婚約と言われているものですが、一生大切にすると約束をした証でもあると言われています。渡す理由は人それぞれであり、祖父母や母親から代々渡してきた大切な指輪を渡すという人もいるでしょうし、形だけでもしっかりしたいと思って用意する人もいますし、その形は様々です。
婚約をした際に必ず渡さなくてはいけないものかと言われれば、現代ではそうとも言い切れません。あくまでも男性側の気持ちによるものとなっています。実際にエンゲージリングを貰わなかった新婦も少なくなく、結婚までの期間短い場合はマリッジリングで済ませてしまうケースもあるようです。エンゲージリングは、一生に一度しか貰えるものではありませんので、大切にしていきましょう。

エンゲージリングをリフォームする時のポイント

エンゲージリングというと、1から新しいものを購入するという方法の他に、母親や祖母から譲り受けた指輪に使用されていた宝石を使用し、新しいデザインのエンゲージリングへと作り変えるリフォームという方法も人気が高まっています。祖母や母から受け継いた指輪を自分好みのデザインに生まれ変わらせることで、さらに自分の子供へ残していくことは非常にロマンチックです。
そこで実際にリフォームをする時に知っておきたいポイントとしては、大切な指輪を預ける上でも信頼できるお店選びをすることが重要になります。例えばカウンセリングをしっかりと行っているお店ならば、使用者の好きなデザインや使用するシチュエーション、宝石の品質など様々な角度からしっかりと見極めてくれます。カウンセリングを行うと、理想のデザインと実際の仕上がりのイメージの相違を最小限に減らし、納得できる完成品に仕上げることができます。また見積もりの時点でもきちんと金額を提示してくれるかも重要なポイントになります。

エンゲージリングに使用されるダイヤモンドの大きさ

女性へのプロポーズをする際に贈るエンゲージリングは、シンプルなデザインが選ばれやすい結婚指輪と比べてダイヤモンドなどが使用された華やかなデザインが選ばれることが多いです。エンゲージリングの主役とも言われているダイヤモンドですが、実際にどれくらいの大きさの物を選べばいいのか悩んでしまう方も多いようです。全体の約52%が0.2~~0.3ct未満もしくは0.3~0.4ct未満だとされ、平均にすると0.2~0.4ctが多くのカップルに選ばれていることがわかります。
大きさを決める時のポイントは、指輪を使用する場面を考えることも大切です。エンゲージリングを身に付ける場面といえば、お祝いの場やちょっと特別なお出かけの時だとされ、大きな宝石は非常に華やかなので知人の結婚式などフォーマルな場へドレスアップする時にぴったりです。また普段のお出かけや職場でも気軽に指輪を身に付けたいと考えているなら、小さく控えめな大きさの方が使いやすいと感じる女性も多いです。

普段使いしやすいエンゲージリングのデザインとは?

婚約者の男性から贈られたエンゲージリングは、結婚式まで肌身離さず身に着けたいと考える女性は多いですが、結婚指輪と比べてゴージャスなデザインになることが多いことから、知人の結婚式や特別なr食事などドレスアップした時にしか身に着けられないというケースは少なくありません。そこで華やかなすぎるデザインよりも、仕事や普通のお出かけなど普段使いがしやすいデザインを求める女性が増えてきています。
普段使いしやすいエンゲージリングとして選ばれることが多いのが、立て爪ではなく爪が引っかかりにくいカップ型が人気です。カップ型はダイヤモンドを包み込むような爪のデザインが特徴の一つであり、緩やかでシャープなVラインは高さを控えめにしていることで、引っ掛かりを防ぎ大人の女性に似合う華やかさも併せ持っています。また細い爪を使用しないフクリン留めという技法を使用した指輪も人気で、ダイヤモンドを一周ぐるりと包んで留めることで、引っ掛かりの心配がなくモダンでシャープな印象を与えます。

エンゲージリングはどんな場面で活躍するのか

プロポーズの際に、愛する男性から受け取るエンゲージリングは大切な宝物になります。結婚後はふたりで結婚指輪をつけることになるので、エンゲージリングも婚約期間中しか使っていないという人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪は大きなダイヤがついているものも多く、普段使いがしづらいと感じている人もいるかもしれません。エンゲージリングは結婚後も様々な場面で活躍してくれます。友人や知人の結婚式に出席するときや、パーティーにも向いています。さらに、夫とのお出かけの際やレストランでの食事の際にもつけてみてはいかがでしょうか。子供ができてからも入学式や卒業式などに活用することもできます。より普段使いをしたいという場合は出っ張りの少ないデザインのものを選ぶこともおすすめです。最近はマリッジリングとエンゲージリングを兼ねたタイプもありますので、大切な指輪をいつも身に着けていたいという人はこうしたタイプにも目を向けてみましょう。

エンゲージリングに関する情報サイト
エンゲージリングの意味

当サイトはエンゲージリングを贈る意味とは何かに関して解説しています。さらに正しい着け方や選び方のポイントまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。婚約指輪の購入先はどこがおすすめなのか、ネット通販はありなのかというテーマでも情報を掲載しているのできっと選ぶ際の役に立つはずです。それからリングで使われている素材についても触れているので、素材からこだわって指輪を選びたい人にも参考になるはずです。

Search